シェフ

オーナー・シェフ
大宮 勝雄

1950年東京浅草生まれ

18歳で叔父の影響により料理人を目指し、フランス料理店で修行を始める。

26歳でニュージーランドにてホテル内レストランのスーシェフを勤める。

28歳の時にヨーロッパを車で周遊。

イギリス、フランス、ギリシャ、モロッコにて地方料理を学ぶ。

帰国後フランス料理店「ラ・テール」にて南フランスの『ロアジス(L’Oasis)』

ラ・ナプール出身のシェフであるジェラール ジョルダン氏のもと師事。

30歳で、東京赤坂でそば粉のクレープ店「マスタード」を開店させるが翌年には閉店。

そして1982年32歳で現在の「レストラン大宮」と「パティスリーOmiya」を地元の浅草にて開店。

洋菓子店は閉店したものの、25周年を迎えた2007年

57歳にして東京・新丸の内ビルディングに2店舗目を出店。


『まだまだ現役であり続けることにこだわる料理人』